1. HOME
  2. ブログ
  3. 自動運転ロボットでオンライン動物園!?進化し続ける動物園、千葉市動物公園

自動運転ロボットでオンライン動物園!?進化し続ける動物園、千葉市動物公園

突然ですが皆さん、動物園はお好きでしょうか?

ご存知、親子、カップル、お年寄り、年齢問わず様々な方が癒されにやってくる地上の楽園です。

緊急事態宣言が解除され、多くの施設が営業を再開し始めてはいますが、まだまだのびのびと行けないのが現状です。

キリンに!

象に!

会いたいよー!

行きたい動物園が多すぎて……

最先端技術を使用したオンライン動物園って?

そんな中、千葉市動物公園で「オンライン動物園」なるイベントが開催されました。

世界初のスペシャルイベント!自動運転ロボットRakuroのオンライン動物園

世界初の自動運転ロボットRakuroを参加者が遠隔操作し、休園中の動物園を見て回っちゃおうというイベントです。ハイテクと動物園の融合、よくわからないけど凄そう。

現在イベント自体はもう終了してしまっていますが、YouTubeでダイジェスト映像を見ることが可能です。

ちらっと動画を見ていただければわかると思うんですが、このイベントは動物だけでなく飼育員さんも総出で出演されており、非常にアットホームな雰囲気が特徴的なイベントです。今回は、千葉市動物公園さんにオンライン取材をさせていただき、アットホームなイベントになった経緯や、現在の動物園の様子、さらに千葉市動物公園の今後の展開まで教えて頂きました!

ピンチの時に生まれた、新しい繋がり方

今回取材に応じてくださった千葉市動物公園園長の鏑木さん(左)、広報班の堀さん(右)

鏑木さん、めちゃめちゃ動物園の園長さんっぽいです。

本当ですか(笑)でも、実は最近園長になったばかりなんですよ。

そうだったんですね! では就任早々このような状況になり大変だったかと思うのですが、オンラインイベント開催はどのような経緯だったのでしょうか?

元々お客様に園内でRakuroに乗っていただいて動物解説を聞いてもらう体験型のイベントを4月に行う予定だったんです。コロナウイルスの影響で中止になってしまいましたが……どんどん感染が拡大していく中で、色んな方が新しいツールを使って、自分たちのメッセージや状況を伝え合う、新しい繋ぎ方、繋がれ方というのを目にしました。

確かに。YouTubeライブやインスタライブは、目に見えて増えましたよね。

そういった様子を拝見して、当園もただ休園するのではなく、何か今までとは違うアプローチが出来るのではないかと検討を行いました。そんな時に、Rakuroを開発しているZMPさんから、中止になったイベントを母体に何か新しいアイデアを加えてオンラインイベントができないかとお話を頂いたんです。当園からも色々アイデアを出し、一緒に積み上げていった結果イベントを開催することができました。

とはいえ、最初はかなり苦労されたんじゃないですか?

実は昨年の11月、小学校の教室と園内をインターネットで結んでスタッフが授業を行った際の経験も活かされています。園内の普段は入れない場所から、飼育員がスマートグラスを使ってインタラクティブな授業を行ったんです。時代に即したツールを使い、新しい見せ方や動物の解説をやっていくというスタンスは元々あったので、今回もその一貫ですね。

その授業めちゃめちゃ面白そうですね! 動物園って実は色々なことをやっているんですね。

そうですね。千葉都市動物公園の職員のテーマは「創意工夫」なので、みなさんに楽しんでいただけそうであれば、どんどん新しいことにチャレンジをしていきます!

裏側にあったアナログな努力

ダイジェスト映像を拝見しましたが、職員の皆さんが総出で盛り上げていらっしゃって、かなり一体感がある印象を受けました。

そうなんです、実はその辺にはかなりこだわりました!

千葉市動物公園は、地域密着型の動物園としてお客様とスタッフの距離が近いのが特徴で、そこはなるべくオンラインでも残したかったんです。その旨をZMPさんに提案し、動物だけではなく飼育員や職員も多く出演して、園内に来ているという空気がオンライン越しでも伝わるような構成にしました。

アルパカさんとスタッフさんが手を振ってくれています!(当日のダイジェスト映像より)

Rakuroが周回しているということは、全国のお客様が動物園にRakuroを通じて来園してくださっているということなんです! だから、職員みんなで手を振ったり、周回ルートに普段いない動物も駆けつけてくれたりしました。みんなが元気で、みんなを待ってるよということも伝えられたのではと思っています。

今回のイベントを通して、職員が元気で安心したという反響でもいただけたので、やって良かったなと思っております。

スタッフの皆様も、今回のイベントを通じて、「お客様に会えた」んですね。

キリンさんの食事シーン。

他にも、周回コースから外れたゾーンの動物たちにもできるだけ会えたらいいと思い、アルパカやうさぎ、ヤギといった移動が可能な動物たちはスタッフに連れてきてもらって挨拶をするような場面も作りました。

動物が会いに来てくれるって新鮮ですね! ですがリアルタイムでのイベントなので、ひとつ間違えると全体がズレてしまうかと思いますが、大変ではありませんでしたか?

大きなしくじりはなかったんですが、実は舞台裏では360°カメラの固定にガムテープを使っていたり、調整に最後まで四苦八苦していました(笑)

最新技術の舞台裏でそんなアナログな努力が……! 新しいことをするのはやっぱり大変なことなんですね。逆に一番良かった瞬間というか、やっていて楽しかった瞬間というのはありましたか?

やはり「園の職員の笑顔がとっても良かった」ですとか「ちょっと涙が出た」など、Twitterでお客様の反応を見たときでしょうか。今、コロナウイルスの影響で閉塞感がある中で、動物園の明るい空気感を我々が少しでもお伝えできたのかな、と。

SNSでリアルタイムにお客様の感想を見られるのはオンラインイベントならではですね。

進行途中にツイッターのリプ欄やメッセージで「ありがとう」と反応いただけたのが本当に嬉しく、スタッフ一同ッメッセージに盛り上がりながらイベントを行っていました。

当日はお天気にも恵まれました。晴天の中、当園は「動物公園」ですので建てつけも公園に近く、非常に景観がいいというのもアピールポイントのひとつです。そういった公園としての雰囲気や、職員の笑顔も含めて、「よかった」というお声をいただけたので、私としても大変ありがたかったです。

確かに良いお天気で、動物たちが気持ち良さそうです。

遠方から自動運転を制御する、というイベントも当園が初めてとZMPさんからも聞いています。そういった最先端のものが、動物園側の雰囲気、空気感というのを伝えられた要因だと思います。Rakuroという先端技術を使用させていただくという面では、そちらの業界の方にも見ていただけたようで、いろんな層の方に動物園の魅力が伝えられたのが嬉しかったですね。

Rakuro遠隔操縦の様子。

家に居ながら、動物園を自由に見て回れるなんて、本当にすごい技術ですね。

「久しぶりに動物園に行きたくなった」というコメントもいただいたので、普段あまり動物園に来られない方たちも楽しめるイベントだったのかなと思います。

動物園としての社会貢献を追求していく姿勢

今後徐々に自粛の必要もなくなって、元の状況に戻っていくと思うんですが、オンラインでのお取り組みはもう行わないんでしょうか?

先ほど堀からもあったように、普段なかなか動物園に足を運んでいただけない方も動物園見てみたいという想いは必ずあると思います。

我々も、オインラインイベントは他にも何件か取材させていただいているのですが、やはり普段来られない方とか、妊婦さんなど移動が難しい方が、オンラインなら参加できる、というのが新しい気づきでした。

そうですね……

 

なので、このご時世だからオンラインだ! という風に、急いでやったつもりは実はないんです。

動物園に来てくださる方だけでなく、動物園に来られない方にも動物の素晴らしさを知って楽しんでもらいたいなという気持ちがあるので、そのためのツールが増えるということに関して、みんなポジティブに考えています!

我々がテーマに掲げる「創意工夫」の中には「動物園としての社会貢献の追求」というもの入っています。これは、動物園としての社会的な存在理由を発展させるというのが根底にあります。なので、今後も動物園としての軸はぶらさず、時代に即したツールで、今までなかったものを届ける、感じてもらう、というアプローチは行なっていきたいです!

なるほど! 確かに、例えば今回のイベントを通して最先端技術に興味を持ってくれるお子さんがひとりでもいたとしたら、それは大きな社会貢献ですもんね…!

7月21日にチーター・ブチハイエナの展示がスタート!

では最後に、今はご時世的に動物園に来られない方がたくさんいると思うんですが、そういう方に何か伝えたいことはありますか?

まずは、自分と周囲の人の健康のために、一緒に手を取って頑張りましょう。私たちも皆さんに会える日をすごくすごく楽しみにしていますので、その日までどうかお互い元気に過ごしましょう!

あ! あと、2020年7月21日にチーターとブチハイエナの展示場がオープンします!

チーター展示場は、時速110キロで走るチーターの運動能力を発揮させるためのチーターランコースとなっています!周回コースにルアー装置を用い疑似餌を追いかけさせるため、走る姿をご覧いただけます!※実施日時調整中。

ええええ、チーターが走る姿とかテレビでしか見た事ないです!

チーターもハイエナも、すでにみなさんのご来園に向けて準備を進めている真っ最中です!7月21日、是非ご来園ください!

これは是非自分の目で確かめたいです! 鏑木さん、堀さん、ありがとうございました!

 

オンラインで行けるならそれで満足してしまえるのでは? と思いきや、ますます動物園に、そして千葉市動物公園さんに行きたくなってしまいました……。

動物園が大好きな方も、しばらく足が遠のいていたという方も、自粛明けはぜひ、動物園に行ってみてはいかがでしょうか!!

千葉市動物公園ホームページ:https://www.city.chiba.jp/zoo/

千葉都市モノレール「動物公園」駅下車 徒歩1分

開演時間:午前9時30分から午後4時30分まで(入園は午後4時まで)

休園日:毎週水曜日(水曜日が休日にあたる時は翌日)、年末年始(12月29日から1月1日)

入園料:大人700円、中学生以下は無料

チーター・ブチハイエナ展示場について:https://www.city.chiba.jp/zoo/event/20200620.html

イラスト・執筆:夏虫灯