ムーミンバレーパーク

都心からすぐのふしぎな避暑地『ムーミン谷の雲海』に行ってきた

ムーミンバレーパーク(埼玉県飯能市)にて、7月16日(土)~9月25日(日)までの期間、7月16日(土)~9月25日(日)までの期間、真夏のひんやり体験を楽しめる「ムーミン谷の雲海」を開催中! ミストとニョロニョロが大発生する現地の様子を取材してきました。


霧からムーミン。

かき氷から霧。

あとニョロニョロ。

夏のムーミン谷で、霧とニョロニョロが大発生する『ムーミン谷の雲海』が開催中です。期間は9/25(日)まで。

もともと森に囲まれ涼しいムーミンバレーパークが、ミストでさらに過ごしやすくなっています。

木々と湖に囲まれ、北欧風の夏を感じたい人にオススメの不思議な避暑地。行ってみたらムーミン谷で過ごす夏を大好きになったので、見どころを紹介します。

雲海は、涼しくて楽しい。

ムーミン屋敷の周りがもうファンタジー

パーク内の各所にミストシャワーが設置される『ムーミン谷の雲海』。

一番の見どころはムーミン屋敷周辺です。

ミストは一定間隔で発生します。風によってはあたり一面がモクモクになりとっても幻想的。

滞留時間も長めなので、非常に満足度の高い「中に入って遊べる霧」スポットと言えるでしょう。

どれくらいミストが多いかと言うと、ムーミンを撮ろうとすると……

スーーーッ……と霧の中に消えたり現れたり。なんだかシュールでみんな笑ってしまっていました。

もちろん体感温度も下がるので、炎天下でも散策が快適。

楽しくて涼しいムーミン谷の雲海は、気軽に夏の別世界旅行をしたい人にオススメです!

ニョロニョロがあちこちに

ムーミン作品でお馴染みのふしぎな生きものニョロニョロも、霧に引き寄せられて大発生しています。

水浴び小屋を目指しているニョロニョロや、

気圧計の周りに集まっているニョロニョロなど、色々な場所に出現中なので探してみてください。(ニョロニョロは雷の電気でエネルギーをチャージするので、天候を測る気圧計が大好きなんですって。)

ムーミンの物語のようにニョロニョロに周囲を取り囲まれたらちょっと怖いですが、この距離感だとかわいいですね。

子ども向けアスレチックにも、ミストと水遊びエリアが登場

今年は、子ども向けのアスレチックエリア「ヘムレンさんの遊園地」にも、ミストが発生するようになりました。

さらに、水遊び用のウォーターファウンテンも夏季限定で登場。

小さな噴水が飛び出す人工芝のうえ遊べちゃいます。

これを子どもが見つけたらびしょ濡れは避けられない運命。着替えの用意か、服が乾きそうな時間帯の来園がオススメです。

特別メニューが最高!! みんな大好き『雲海かき氷』

ムーミン谷の雲海にあわせて限定フードも登場します。

雲海ソーダ(税込600円)は、真夏の青空をイメージしたドリンク。

ブルーハワイソーダに浮かぶマシュマロとコットンキャンディーが雲海を表現していて、夏のムーミン谷にぴったりです。

とても綺麗で写真映えしますが……もっとスゴい雲海スイーツがあるんです。

それがこちらのモックモクのやつ。

雲海かき氷(税込700円)です。よく見えないですね。

その名の通り、雲海を発生させるかき氷。

容器にドライアイスとお湯が入っていてすごい量の霧が出る……というシンプルな仕組みですが、か〜〜なり楽しいです

だって森の中でドライアイスで遊ぶことってないし、非日常ですよね。ただでさえドライアイスって楽しいのに。

中身はシンプルなかき氷で、氷はやわらかめ、量もたっぷりあります。

普通のかき氷より美味しく感じたのは、霧のおかげでしょうか、夏だからでしょうか。

ファミリーや、子ども心を忘れていない大人、あとは動画映えを求めている人にオススメのスイーツでした。イチオシです。

ニョロニョログッズも大量発生中

展示施設コケムスの売店やムーミンバレーパーク入り口のショップには、本イベントに合わせてニョロニョログッズが新登場しています。

ニョロニョロラムネ(税込864円)

こちらはのニョロニョロラムネラムネ(レモネード風味とヨーグルト風味)には、徳島県産和三盆糖と奈良県の吉野葛を一部使用されています。

かりっとした食感の後にほろっとした口どけが優しい味わいです。

ニョロニョログミ 31体セット(税込1,800円)

大人気のニョロニョログミ31体を袋に詰めた大入りパッケージ。

ヨーグルト風味の少し大きめなグミで、デザートタイムを賑やかにしてくれそう。

他にもニョロニョロの定番人気商品が沢山。

家をニョロニョロだらけにしちゃってください。

夏休みにぴったり! ワークショップも同時開催中

ムーミン谷の夏は「SUMMER ART FESTIVAL 」と題して色々なワークショップを開催しています。

特にお手軽なオリジナルフォトホルダー作りを体験。

ムーミンバレーパーク内の普段入れない場所(水浴び小屋の中や、リトルミィの部屋など)を背景にした合成写真を、カバンなどにつけて持ち帰れちゃいます。

ワークショップは手軽なものから本格的なものまで全15種類。

飯能市の西川材を磨いて作るコースターとカッティングボードや、伝統的な手漉き和紙「細川紙」などなど物作り体験や……

ニョロニョロのかわいいチャームや、ファブリックパネルなどなど、かわいいお土産作りを楽しむことができます。

子ども達の夏休み期間にあわせた『SUMMER ART FESTIVAL』の実施期間は8月28日(日)まで。

メニューが多く事前予約が必要なプログラムもあるので、詳しくは公式サイトをご覧下さい。

ワークショップ詳細→ https://metsa-hanno.com/workshop/

夏はムーミン谷で涼しくのんびりすごそう

ムーミンの物語の世界で過ごせるムーミンバレーパークが、もっと不思議な空間になる『ムーミン谷の雲海』。

園内をしっかり散策すれば運動になりますし、屋内施設やレストランなど休憩できる場所も充実しています。

ムーミンバレーパークのある宮沢湖畔もとても気持ちの良い場所です。

真夏の自然を涼しく、楽しく満喫できるイベントなので、気軽に「特別な夏」を感じたくなったらぜひ行ってみてください。

雲海かき氷は絶対食べてください。さながら雲をまとった空飛ぶ城なので。

©Moomin Characters™
取材・執筆:勝山ケイ素

イベント情報

開催日
2022/07/16 ~ 2022/09/25
開催時間
平日10:00〜17:00 土日祝10:00〜18:00
会場名
ムーミンバレーパーク
会場場所
埼玉県飯能市宮沢327-6 メッツァ
チケット
ムーミンバレーパーク 1デーパス
おとな(中学生以上)
前売販売:3,000円、通常販売:3,200円
こども(4歳以上小学生以下)
前売販売:1,800円、通常販売:2,000円