東京都

浅草花やしき

東京都台東区の浅草花やしきは、日本一歴史のある遊園地です。日本現存最古のローラーコースターをはじめ、レトロで味がある遊具がたくさん。小さな子供連れでもゆっくり遊べる環境が人気です。

浅草花やしきを取材!ファミリーで過ごすにも最高なレトロ遊園地だった。

浅草花やしきに行ってきました! 日本一歴史のある遊園地は、小さな子供連れに優しくてトリビアが盛りだくさん。お化け屋敷が怖いってホント? 日本に残っているもので一番古いローラーコースターってどんな感じ? 疑問を広報さんに取材します!


浅草花やしきの魅力を広報さんに聞いてきました!
料金(入園料)も未就学児は無料など、家族で楽しめるレトロな遊園地です。

長く東京都民に愛されてきた遊園地。よくテレビのロケが行われているため「行ったことはないけれど、知っている」という方も多いでしょう。

東京を象徴する観光地である浅草の雰囲気そのままのレトロな空間であり、小さなお子様には「はじめての遊園地」として、若い人には「SNS映えスポットとしても楽しい」場所として愛されています。

そしてレトロかわいい見た目の通り、とても歴史がありトリビアが満載の遊園地なんです。

今回は、浅草花やしきの広報さんにお話をうかがいました!

パンダカー

子どもの遊園地デビューに最適!花やしきが子どもに優しいところ5連発

小さなお子さん連れが多いですね!

そうなんです、気づいていただけましたか?花やしきは全てがコンパクトにまとまっているので、小さなお子様連れでも安心して楽しんでいただける遊園地なんですよ。アトラクションも年齢や身長制限があるものが少ないので、皆さんでお楽しみいただけます。

ファミリーにはピッタリな環境ですよね。

はい! まずは、ぜひお子様連れの方におすすめポイントを説明させてください!!

 

⒈ 驚きの料金設定!乳幼児連れがお得すぎる!

まず、0、1歳のお子様連れの場合、保護者の方の入園料だけで遊んで頂けます! これは、4歳以下のお子様の付き添いの場合、付き添いで遊ばれる方の乗り物料金が無料だからなんです。例えば1歳までのお子様1名+保護者の方1名の組み合わせですと、大人1名分の入園料1,000円のみで乗り物に乗っていただけるんですよ。

つまり、入園料だけでアトラクション乗り放題ってことですよね? めっちゃくちゃお得じゃないですか!

※一部対象外の遊具があります。

2〜4歳のお子様は、保護者の方の入園料+お子様の乗り物料だけでご利用いただけます。 2〜4歳までのお子様1名+大人1名の方で園内の乗り物フリーパスを使う場合の具体例をあげますね。大人1名分の入園料1,000円+未就学児1名分のフリーパス代2,000円の計3,000円で親子で遊び放題ということです!

大人の乗り物代がかからないのは、お得ですね!子供がアトラクションに乗りたがっているから、親も仕方なく付き合うけど正直もったいないって感じるじゃないですか…… 付き添い料金がかからないのは、本当にありがたいです。

 

2. 子供を安心して遊ばせられる広さ

次の魅力は、ちびっ子たちを解き放っても親御さんの目が届く広さですね。


詳しい園内マップはこちらから

保護者の方は、ベンチに座ってまったり、お子様は気に入ったアトラクションをエンドレスに乗って楽しむ、という光景をよく見かけます。

うわぁ、想像できる!

公園感覚で楽しんでいただけるのが、花やしきの良さと思いますね。

⒊ 園内バーベキューで大人もご機嫌

あとは園内でバーベキューを楽しみながら、お子様にも楽しんでいただけるのが花やしきの良いところかなと思います。みんなでバーベキューを楽しむ → お子様飽きる → 大人は座ってビール飲みながら様子見、子供は好きなところで遊ぶ。これがおすすめプランです。

黄金パターンですね。子供が楽しいし、親も美味しいもの食べてゆっくりできる……

実は花やしきのバーベキューは肉が自慢なので、ぜひお肉を食べてみて頂きたいですね〜

めっちゃくちゃ肉厚じゃないですか…… バーベキューと言うよりステーキだ。

厚さ2cm、霜降り加工のサーロイン肉です! しかも片付けはしなくて良いので、思い切り楽しんで貰えますよ。

最高

バーベキュー広場もアトラクションのすぐそばにあるので、お子様をみながらゆっくり召し上がれます。

拠点があるって大事です!! 荷物を置いてゆっくりと子供を遊ばせながら、親はビール…… 最高の休日じゃないですか。

 

■ランチバーベキュー
2,500円(60分・税込・大人・小人共通価格)
営業時間 11:00~17:00
※アルコール飲み放題(500円)ソフトドリンク飲み放題(300円)は、追加料金で設定できます
(要予約:専用入園口より入園となります)
※バーベキューのみのご利用は、入園料等は必要ありません
※11:00~/12:30~/14:00~/15:30~の4部制

花やしきBBQガーデンの詳細はこちらから↓
https://esp05.dt-r.com/hanayashiki-event/

 

⒋ ベビーケアも万全

園内に3箇所のオムツ替えスペース(うち2箇所は女性トイレ内)と、授乳スペースのご用意があります。ミルク用のお湯が必要な場合は、浅草門横のインフォメーションセンターでお声がけください。

園内を見たところ、ベビーカーはあまり必要なさそうですね。

そうですね。全体的にコンパクトにまとまっているので、園内では必要ないと思います。遊ばれている間ベビーカーが邪魔でしたら、インフォメーションセンターでお預かりしていますよ。

 

⒌ 乳幼児が遊べる施設が多い

身長制限のないアトラクションが10種類以上あり、0歳〜4歳くらいまでの子供がいる家族にも優しいんです。

0歳からOK! 2歳からOK!
お化け屋敷
メリーゴーランド
スリラーカー
スカイシップ
ゴーストの館
ちびっ子タクシー
スワン
立体キネマ館
ぴょんぴょん
ヘリコプター
ビックリハウス

※こども忍者やしき「にんにんパーク」6ヶ月以上〜 遊具に制限あり

これはありがたいですね! パークによっては「乳幼児が乗れるの3つしかない」みたいなこともありますからね…… やっぱり遊園地はみんなで楽しめるのが一番です!

 

開園は江戸時代!?花やしきの歴史は古い

花やしきは1853年開園の、日本で一番古い遊園地です。

花と緑を愛でる花園として開園したので「花屋敷」と名付けられました。当初は牡丹(ぼたん)と菊細工を主に展示する施設でしたが、明治5年頃には動物の飼育も開始します。その後少しずつ運営形態を変え、今の遊園地になったのです。

1853年といえば日本は江戸時代ですね。歴史あるとは聞いていましたが、ここまでとは…… 

江戸時代といえば「スカイシップ」に面白い秘密が隠されてるんですよ。

1台だけ黒い船が出てくるんですけど、実はきちんとした由来がありまして……
先ほど花やしきの開園が1853年というお話をしたかと思いますが、実はペリー来航の年なんです。

あ!黒船来航!(1853年) 今更実感しましたが、とんでもなく歴史のある園ですね……!!

スカイシップはもう1つ隠し要素があって、出てくる船の中に泥舟が混ざってるので、探してみてくださいね。

舟ですか? またなぜ?

数十年前のリニューアルの際、昔話をテーマにしていたようで、船の一つが『カチカチ山』に出てくる泥舟になっています。

掘れば掘るほど隠し要素が出てきますね、面白すぎます!

 

花やしきには秘密がいっぱい!

ところで、広報さんが一番好きなアトラクションは何ですか?

やはりローラーコースターですね!

出た!ローラーコースター!

花やしきのローラーコースター。建物スレスレを走るのでスピード以上の迫力がある

スピードはそんなに早くないのに、壁スレスレのところを走るのが最高にスリリングなんです。日本現存最古というのも、別の意味でスリリングに思われる方も多いと思いますが、日々メンテナンスをしてますので、その点はご安心ください(笑)

日本に残っているもので、一番古いローラーコースターなんですね! 色々と面白いネタがありそうです!

一瞬ですがコースの最後付近に、茶の間に居るおじさんが出てきます。実はさらにその後に奥さんも登場するんです。意外と気づきにくいみたいですが、ぜひ見つけてみて下さいね!

では、早速乗ってみましょうか!

は、はい! では乗ってみます!

このゾーンの後に謎のおばさんが出てくる

おぉぉぉぉぉ〜!!!!
速さはそんなにないんだけど、そのぶん周りをみる余裕があって、楽しい! そして建物スレスレをいくスリルがたまらないですね!

先ほどお話しした、おじさんとおばさんわかりました?

はい! でも、教えていただかなければ、気づかなかったかもしれません。こういう小ネタ面白いですね! 他にも秘密はありますか?

そうですね……

お化け屋敷

花やしきのお化け屋敷は、2011年にリニューアルしたものなんですが……実はもともと防空壕があった跡に作られたという経緯もあり、「出る」という噂があったりするんですよね……いや、何が出るかはわかりませんけれど……

お客様の感想では、実際には設置されていないお化けのことを話されることもあります。

ひえっ……

もちろん、きちんとお祓いして作っていますし、実際に「みた」なんて話は聞かないから大丈夫ですよ。ふふふ。

歴史があるだけに、噂話にも重みがありますね……

レトロさが相まって、怖い雰囲気が増しているのは間違い無いですね。

色々秘密がある遊園地だとは思っていましたが…… 歴史ものから怪談まで幅が広い。

先ほどから気になっていたのですが、至る所にパンダカーのイラストやグッズが置かれていますね。何か由縁があるのでしょうか?

よくぞ聞いてくださいました! 実はこのパンダカー、浅草花やしきが商標登録をしているんです。

パンダカー、小さい頃にデパートの屋上でよく見ましたよね。まさかあれまで花やしきに関係があるなんて驚きです。 本当にたくさんトリビアがありますね! 

そういえば、これも意外と知られてないんですが…… 花やしきには神様がいるんです。

神様?

はい、ブラ坊さんという神様です。結婚・良縁の神様なんですよ! いつもはスカイプラザ内の神社にいます。

通天閣のビ◯ケンさん的な感じですね。縁結びの神様なのは何か由来があるんですか?

はい、花やしき=花=球根=求婚 というわけです!

あぁ(笑) なんだか愛着が湧いてきました。

 

季節のイベントも実施中!

花やしきでは季節ごとのイベントもご用意しております。例えば冬の季節には夕方にイルミネーションも楽しめるんですよ。

当園のイベントステージでも、季節ごとにプログラムを変えてショーを上演しているので、お時間が合えばぜひご観覧くださいね! ※ショーは上演日が限られています。詳しくはステージ情報をご覧ください。

 

感染症対策を徹底してお待ちしております

どういった新型コロナウイルス対策をされているか、教えていただけますでしょうか?

花やしきでは、スタッフの健康・衛生管理はもちろん、ご来園のお客様にもマスクの着用、検温やこまめなアルコール消毒などのご協力をお願いしております。頻繁にアトラクションなどの消毒作業を行うので、お待ちいただく場面が増えるのが心苦しいですね。

それだけ丁寧に感染対策をしてる、ということですもんね!

安心してお楽しみ頂けるよう、感染症対策を徹底しております。花やしきに遊びに来てくださいね! ブラ坊さんと一緒に、お待ちしてます!

 

浅草花やしき施設詳細

東京都台東区浅草2丁目28−1

営業時間

10:00〜18:00(営業時間は季節・天候により異なります。ご来園前に公式サイトにてご確認ください。)
※最終入園は閉園30分前までです。

利用料金

入園料

未就学児 入園無料
小人(小学生) 500円
大人(中学生以上~64歳) 1,000円
シニア(65歳以上) 500円
障がいお持ちの方ご本人さま 入園無料 ※障がい者手帳をご提示ください。

 

のりもの料 ※入園料別途
フリーパス(アトラクション1日乗り放題)

未就学児(2歳以上) 2,000円
小人(小学生) 2,200円
大人(中学生~64歳) 2,500円
シニア(65歳以上) 2,000円

のりもの券
普通券 1枚 100円
回数券 11枚綴り 1,000円

※詳細は公式サイトの料金案内をご確認ください。

アクセス

つくばエクスプレス「浅草」駅から徒歩3分
地下鉄銀座線・地下鉄浅草線・東武スカイツリーライン「浅草」駅から徒歩5分

 

画像提供:浅草花やしき

取材・執筆りお
編集:レクリム編集部