千葉県

鴨川シーワールド

東京から約2時間、太平洋を臨む千葉県鴨川市にある水族館。「海の世界との出会い」をテーマにした展示を行い、日本では飼育数の少ないシャチやベルーガに出逢えます。

鴨川シーワールドはシャチだけじゃない!魅力を取材

鴨川シーワールドの魅力を取材してきました!国内でも珍しいシャチやベルーガに出逢えます。


鴨川シーワールドは、都内からだと車でおよそ2時間。

電車ではJR安房鴨川駅から無料送迎バスが出ている他、JR東京駅からはアクアラインを通る高速バスも出ています。  

鴨川シーワールドでは、大迫力のシャチのパフォーマンスを観ることができたり、  

言葉をマネできる、ベルーガ(シロイルカ)に会えたりと国内でも飼育数の少ない生き物に出逢えます。  

他にもイルカやアシカのパフォーマンスはもちろん、  

保護活動も行っているウミガメや、

 

サンゴ環礁を再現したエリアがあったりと見所満載です。

今回はそんな鴨川シーワールドを広報の杉本さんに紹介していただきました!

広報の杉本さん

 

びしょ濡れ必須!オーシャンスタジアム

鴨川シーワールドの最大の特徴は何でしょうか?

やはりシャチですね!日本国内では現在2つの水族館でしか飼育されておらず、トレーナーとのパフォーマンスが観られるのはここ鴨川シーワールドだけなんです!

(そのシャチのショーが見られる「オーシャンスタジアム」にやってきました)  

みなさま青いカッパを着ていますね……。

シャチのパフォーマンスでは全席で濡れる可能性があるんです。特に前の方は、靴下までびしょ濡ることもあります(笑) 全席!?

そうですね。その日にもよるのですが、最後尾の立ち見席でも足元が濡れることはありますね。

目の前でジャンプして、

 

着水と共に大きな水しぶきが。約15分にわたるパフォーマンスの中で、何度も繰り返される大ジャンプに客席からは大きな歓声が上がっていました。

こ、これはカッパ必要だ……。それにしてもすごい迫力!

ここでしか見ることのできない、トレーナーとの息の合ったパフォーマンスにもぜひ注目して欲しいです!また、この他にもシロイルカのベルーガ、イルカ、アシカのパフォーマンスを開催しています。各会場1日5回程度開催しているので、いつもどこかでショーイベントを楽しめるようになっています!

 

超賢い!ベルーガに会えるマリンシアター

ベルーガって今回初めて聞いたのですが、どんな動物ですか!

ベルーガは、全身がまっしろで、おでこがプニプニしていて可愛いく、私の一押しです。それにとても賢いんです!

ナックというオスのベルーガいるのですが、『人間の言葉をマネできるイルカ』と知られていて、『人間と会話ができるのではないか』という研究に参加しているんです。

え!?すごい!!イルカは賢いって聞きますけど、言葉が分かるんですね。

言葉の意味が分かるというわけではありませんが、音のサインとして理解して簡単なやりとりができるようになる日が来るかもしれませんね!

マリンシアターでは、ベルーガの出す超音波を波形にして可視化する仕組みを持っていて、パフォーマンス中にその様子が見られるようになっています。  

シャチが真横を通る!?レストラン「オーシャン」

鴨川シーワールドはいつきてもどこかで動物パフォーマンスが開催されており、1つの見所となっていますが、それ以外にもお勧めはたくさんあります。

杉本さんにまずオススメされたのが、シャチを見ながら食事ができるレストラン「オーシャン」。

 

客席の間にある窓から、シャチのいるプールを覗くことができます。  

運が良ければ、すぐ横をシャチが横切ることも!

パフォーマンス中は、シャチがジャンプして飛び込み泳ぐ様子を間近で見ることができますよ!

さらに、このレストランでは、千葉県、房総の食材を使った多彩なメニューをお楽しみにいただけます!特に『シャチライス』が人気です。

なんですかシャチライス。

季節によって内容が変わるので、是非来場してお楽しみください!

えっ。  

人気ものが勢揃い!ロッキーワールド

入口から1番奥に位置する「ロッキーワールド」は、鰭脚(ヒレアシ)類やペンギンがいるエリアです。

 

ペンギンやアザラシが泳ぐ様子を間近で見ることができます。  

屋外エリアでは、日向ぼっこ中のアザラシやアシカたちを見かけることも。  

またロッキーワールドの中央にある「ロッキースタジアム」では、アシカのパフォーマンスを実施!  

さらにイルカパフォーマンスはここで!場内中央にある「サーフスタジアム」で実施しています。 とにかく広いし1日いても飽きません。  

まるで南国!?トロピカルアイランド

サーフスタジアムの向いにある建物は「トロピカルアイランド」、ここはサンゴ環礁に生息する生き物たちがいるエリアです。

 

館内に1歩足を踏み入れた瞬間、南国気分を味わえます!
取材に行ったときはちょうど餌やりのタイミングだったようで、子供たちは水槽に張り付いて魚の様子を見ていました。  

このように色とりどりの魚たちに会うことができます。  

奥には巨大水槽もあり、迫力満点です!大きなエイがのんびり泳いでいました。  

他にも入口のすぐ横にある「エコアクアローム」には、鴨川の近海に生息する生き物たちがいて、鴨川生まれのアカウミガメの姿も見ることができます。

 

クラゲもいますが  

クラゲのコーナーには、その生態を学べるパネルが置いてありました。

鴨川シーワールドでは『教育』にも力を入れているんですよ!

 

例年、近隣の学校から遠足に来ていただく他、千葉県内の学校へウミガメを連れていき課外授業を行ったりもしています。 え?ウミガメを学校に?!

そうです。1~2歳くらいのまだ小さいウミガメを連れて学校へお邪魔し、ウミガメの保護活動について知ってもらうための出前授業を行っています。  

かわいいおみやげが充実!バザールコート「ラオイ」

トロピカルアイランドの横に位置するバザールコード「ラオイ」では、お菓子から文具・ぬいぐるみなどの雑貨まで、多種多様なオリジナルグッズを取り揃えています。  

触り心地抜群のぬいぐるみ
シャチサンダルまで!

シャチのパフォーマンスを観てびしょ濡れになってしまっても大丈夫!ラオイではサンダルの他に、タオルはもちろん、Tシャツやくつしたなども取り扱っています。  

大人気のナイトステイも!

鴨川シーワールドでは、水族館で一夜を過ごせるという噂を聞いたのですが……

ナイトステイとのことですね!スポットで開催していますが、毎回即日完売してしまうほど人気があるイベントです。

 
※写真は過去のイベント時のものです
※写真は過去のイベント時のものです

水槽の前で夜を過ごすだけでなく、夜の水族館を探検したり、飼育員からのレクチャーを受けたり、バックヤードを見学したり、内容も盛りだくさんなんです。

それは楽しそう!

あとは毎年、鴨川市の市政記念日の2月11日はお祭りのように、にぎわっています

水族館でお祭りですか?

※写真は過去のイベント時のものです

地元の方に協力してもらい、屋台を出したり、着ぐるみがいたり、縁日のような雰囲気でにぎやかに楽しんでもらうのが恒例ですね。地元の方にも、県外の方にも楽しんでいただいています。

チーバくんがいる。

※写真は過去のイベント時のものです

他にも10月1日の開業記念日には、館長や飼育員が水族館の生き物についてレクチャーを行うイベントなんかも開催しています。

今年で何年目になるんですか?

今年で開業50周年になります。今年は10月の週末に50年の歴史を振りかえるレクチャーを開催する他、イセエビとステーキが一皿で楽しめる限定メニューや記念のグッズを販売します!

50周年!!すごい!

子供の頃遊びに来ていた人が大人になって、今度は自分の子供を連れて遊びに来ました、といった話をよく耳にします。 いい話…。

 

感染症対策を行いお待ちしています!

来館されるお客様には入館前に非接触での検温、手指の消毒をお願いしています。また現在はパフォーマンスエリアの座席を一部規制し、シャチパフォーマンスは整理券制で開催しています!

ご来館お待ちしています!

鴨川シーワールド 施設情報

営業時間:9:00~16:30(日によって異なります) ※公式サイトにて毎月営業時間、休館日のご案内していますので、ご確認の上、ご来場ください。詳細はこちら

入館料(1DAYチケット)

大人(高校生以上) ¥3,000
小人(小学生・中学生) ¥1,800
幼児(4歳以上) ¥1,200
60歳以上 ¥2,400
※60歳以上の方は年齢を証明できるものをお持ちください。

アクセス:千葉県鴨川市東町1464−18
・車[海ほたるPAより]約1時間10分
東京湾アクアライン→君津I.C→房総スカイライン(無料)・ 県道24号線経由
・JR[東京駅より]約2時間
JR東京駅→(特急わかしお)→JR安房鴨川駅(無料送迎バス約10分)
・アクアライン高速バス[東京駅より]約2時間
東京駅八重洲口→(高速バス アクシー号)→鴨川シーワールド  

取材・執筆:レクリム編集部