神奈川県

横浜赤レンガ倉庫

神奈川県の横浜港にある、レンガ造りが特徴の歴史的建造物。元々は倉庫として使用されていましたが、現在は文化・商業施設として多くの人に親しまれる観光スポットとなっています。

横浜赤レンガ倉庫に行ってみた!歴史を感じながら文化とショッピングを楽しめる

横浜を代表する観光スポット「横浜赤レンガ倉庫」の魅力に迫ります!広報さんには、現在に至るまでの歴史的背景や、おすすめのショップなどをお聞きしました。


横浜赤レンガ倉庫は、神奈川県横浜市に所在する文化・商業施設です。

建物は1号館と2号館の2つに分かれており、1号館はショップだけでなく演劇やダンスを行うホールや展示スペース等もある文化施設、2号館はショッピングやグルメを思い切り楽しめる商業施設となっています。

みなとみらい線の馬車道駅および日本大通り駅から、それぞれ徒歩6分でアクセスが可能です。

屋外の広いスペースはイベント広場として音楽イベントやフードイベントなど、季節によって様々な催しが企画されます。

2つの建物の間からは横浜港が見えてロケーションも抜群! SNS映えしそうなフォトスポットだらけです。

倉庫を改装して作られたモダンな雰囲気の館内には、様々なショップが集結!
ここでしか手に入らない赤レンガモチーフのグッズを販売しているお店も多いので要チェックです。

2号館にはフードコートもあり、疲れたら休憩もできちゃいます。

今回はレジャースポットとしても充実しており、歴史的建造物としての側面も持つ横浜レンガ倉庫の魅力を広報さんにお聞きしました!

歴史を知るともっと楽しい!横浜赤レンガ倉庫

横浜を代表する観光地になっている横浜赤レンガ倉庫ですが、そもそもはどういう経緯で造られた建物なんでしょうか?

明治末期から大正初期に建設された建物で、2号館が1911年、1号館が1913年に完成しました。当時は海外から輸入されたものを一時的に保管しておく保税倉庫として使われていたんです。

100年以上も前の建物なんですね、歴史を感じます。ところで2つの建物を見比べてみると1号館の方が長さが短いのですが、これはなぜですか?

関東大震災の際に1号館だけ中央部分が崩れてしまい、その分建物が短いんです。

ですが周辺にあった建物がほとんどが甚大な被害を受ける中、赤レンガ倉庫は2号館がほとんど被害を受けずに残るなど、当時としては最新の耐震技術を用いて造られていたと言われています。

その後はどのようにして今のような観光スポットへと変化していったのでしょうか?

第二次世界大戦中はGHQに接収されるなど様々な歴史を経て、一時は倉庫としての用途を終えて廃墟同然になっていました。でも1992年に横浜市が倉庫を国から買い取って、修復や活用の計画が始まったんです。そして2002年に文化・商業施設としてオープンしました!

あまり知られていないんですが、1号館には昔使われていた荷役用エレベーターもまだ残っているんですよ。

かっこいい! 年季の入った機械が好きな方におすすめの隠れスポットですね。

同じように歴史を感じる建築のポイントとして、屋根にある避雷針にも是非注目していただきたいです!

提供写真

現在のものは改修工事で取り付けられたものですが、当時の姿に忠実に復元されています。

単なる装飾ではなく避雷針だったんですね……! 知識を頭に入れてから建物をみるとより楽しめる気がします。

広い敷地での野外イベントが大人気!

横浜赤レンガ倉庫って広いですよね。ここは時期によってはイベントスペースにもなるようですが、毎年どんなイベントが開催されているんですか?

特に人気なのは、2003年から開催している「横浜オクトーバーフェスト」ですね。本場ドイツで開かれる世界最大のビール祭りに限りなく近い雰囲気を味わえるイベントとして、多くのお客様にお越しいただいています。ドイツ楽団の演奏に合わせてみんなで歌いながら乾杯するシーンは、最高に盛り上がりますよ!

提供写真

絶対楽しいやつ! ビール飲みたくなってきました。

また、クリスマスの時期に人気なのが「Christmas Market in 横浜赤レンガ倉庫」です。高さ約10mのクリスマスツリーが飾られ、本場ドイツのクリスマスマーケットの雰囲気を感じられるグルメやグッズが楽しめますよ。

※新型コロナウィルスの影響により今年の開催はまだ未定。
今後開催されるイベント詳細についてはこちら。

おすすめフォトスポット

SNS映えしそうなおすすめスポットなどはありますか?

提供写真

建物自体がレンガ造りでおしゃれなので、レンガをバックに撮影すると、それだけで雰囲気のある写真に仕上がります!

提供写真

あとは海を背景に撮るのも良いですし、雨が降った後、水たまりに反射する赤レンガ倉庫を撮影される方も多いです!

提供写真

個人的には、夜景も綺麗なのでおすすめです。

天候や時間帯によって色々な楽しみ方ができるんですね。SNS映えする写真がたくさん撮れそうです。 館内でもどこか素敵なスポットはありますか?

カップルの方には、2号館2階のバルコニーにぜひ行っていただきたいです!想いを込めて鳴らせば、きっと願いが叶うといわれる「幸せの鐘」がある人気スポットなんです……!

モザイクガラスも綺麗でロマンチックですね〜!!

ちなみに幸せの鐘付近にあるこの椅子は両脇に傾斜がついていて、座った2人の距離が近づくようになっています。気になるお相手と一緒にここで休憩してみるのもいいかもしれません……!

なにからなにまで苺づくし!「秘密の苺  MICO E」

2号館の2階には色々なテイストのお店があってショッピングがはかどりますね!中でもすごく目立っている、こちらのカラフルなお店は一体……?

ここは苺をモチーフにしたアクセサリーやグッズを取り扱う「秘密の苺  MICO E」です!
このお店でしか手に入らない商品ばかりなので注目ですよ!

本当になにからなにまで苺づくしですね……!キュートなものからシュールなものまで、色々なテイストのアイテムが揃っていてどれを買おうか迷っちゃいます!

お店の天井にも苺があったり……

試着室では鮭ならぬ苺を咥えている熊がいたりして、こだわりの装飾にも注目ですよ!

ライブ感が楽しめる!本格洋食店「横濱たちばな亭」

こちらは2号館1階にある「横濱たちばな亭」です。
オムレツライスやハヤシライス、カツレツサンドなど本格的な洋食料理をお召し上がりいただけます。

どれも美味しそうで迷いますが、今回はオムレツライスを頼んでみようかな……。

ちなみに、ここではなんと調理している様子が見れちゃうんです!

スピード感があってすごい!まさにプロの技って感じですね。
あっという間に完成です!

洋食屋さんのオムレツライス 900円(税抜)

出来たてのオムレツライスは半熟のトロトロ卵とデミグラスソースの組み合わせが最高!

お店の正面にあるフードコートでお召し上がりいただけるのはもちろんのこと、テイクアウトも可能です。

新感覚レトロスイーツ「YOKOHAMA BASHAMICHI ICE」

食後のおやつにおすすめなのが「YOKOHAMA BASHAMICHI ICE」!
実は横浜の馬車道通りは、日本人で初めてアイスクリームが製造販売された場所って知ってましたか?

知りませんでした……!それっていつ頃のお話なんでしょうか?

明治2年に町田房造さんという方が、卵と牛乳と砂糖のみで「あいすくりん」という氷菓子を作ったのが始まりと言われています。その当時のレシピを活かしつつ、現代風にアレンジした「できたて横濱馬車道あいす」がここでは味わえるんです!

どんな味なのかワクワクします!さっそく食べてみましょう!

できたて横濱馬車道あいす カスタード 370円(税込)

モナカの下にアイスが入っているんですね〜。

上のモナカをスプーンで砕いて、下のアイスと混ぜながら一緒に食べてみてください!

モナカのサクサクした食感と、アイスのなめらかな舌触りが混ざり合って最高です!
カスタードアイスもモナカもどこか懐かしい風味がしますが、それがあわさることによって新しい味になっているんですね〜。小さいお子さんからお年寄りまで老若男女問わず楽しめそうです。

今回召し上がっていただいのは定番のカスタード味ですが、この他にも「特選ミルク&カスタード」や季節のフレーバーをご用意しています。

家族や友達と遊びに来ている方は、みんなで違う味を選んでみても良いかもしれませんね〜。

オリジナルグッズもたくさん

横浜赤レンガ倉庫には沢山のショップがありますが、ここでしか手に入らないオリジナルグッズを販売しているお店も多いので要チェックです。

例えばこちらの「日本百貨店あかれんが」はご当地お土産の取り揃えも豊富で、見ているだけでも飽きないお店です。

お酒やお菓子など、渡す相手によって選ぶのも楽しいですね!

横浜赤レンガ倉庫の公式ウェブサイトでも、一部ですが素敵な商品を紹介しています。

本日はお忙しい中、ありがとうございました!より深く、横浜赤レンガ倉庫の魅力を知れた気がします!最後に、記事を見てくださっているみなさんへのメッセージはありますか?

ご飯を食べたり、ショッピングをしたり、散歩をしたり……海沿いのゆったりした空気感を含めて楽しんでいただければ良いなと思います。今日はお昼の取材でしたが、夜のライトアップも是非見ていただきたいです。暗い中にオレンジの建物が浮かんでいるのが幻想的で綺麗なんです!

私も今度見に来ます!!

横浜赤レンガ倉庫へのアクセス・営業時間など

ホームページ:https://www.yokohama-akarenga.jp

【営業時間】

1号館:1階ショップ…10:00〜19:00
2階スペース・3階ホールはイベントにより異なります

2号館:ショップ…11:00〜20:00
レストラン・カフェは店舗により異なります

【アクセス】

所在地:神奈川県横浜市中区新港1-1

電車でお越しの方

JR・市営地下鉄

「桜木町駅」より汽車道経由で徒歩約15分
「関内駅」より徒歩約15分

みなとみらい線

「馬車道駅」または「日本大通り駅」より徒歩約6分
「みなとみらい駅」より徒歩約12分
※所要時間は目安です。運行状況や乗り継ぎ等により異なります。

【お問い合わせ】
ホール&スペースについて(公益財団法人横浜市芸術文化振興財団):045-211-1515
商業施設について(2号館インフォメーション):045-227-2002

 

取材・執筆:藻澤桜子
撮影・編集:レクリム編集部