鴨川シーワールド

2021年干支の生き物~海の丑(ウシ)たち~ 鴨川シーワールドで特別展示開催

鴨川シーワールド(千葉県鴨川市)では、2020年12月25日(金)から期間限定で、2021年の干支「丑(ウシ)」にちなんだ特別展示「2021年干支の生き物~海の丑(ウシ)たち~」をトロピカルアイランド特設会場にて開催。2021年1月31日(日)まで。


鴨川シーワールドでは、2020年12月25日(金)から2021年1月31日(日)までの期間限定で、2021年の干支「丑(ウシ)」にちなんだ特別展示「2021年干支の生き物~海の丑(ウシ)たち~」をトロピカルアイランド特設会場にて開催します。

見所をご紹介

「ウシ」の名前が付く展示生物

展示生物は2021年の干支・丑(ウシ)にちなんだ名前が付いた海の生き物。

【和名】クロウシノシタ

【和名】サザナミウシノシタ

その名前の通り、まるで舌のような形をしたカレイ科の「ウシノシタ」の仲間が2種類、

【和名】ネコザメ【英名】Japanese bullhead shark

そして英名で「Japanese bullhead shark」(ジャパニーズ ブルヘッド シャーク)と呼ばれる「ネコザメ」1種類、の計3種が展示されます。

英名の「Bullhead」は 雄牛の頭 、「目の上の隆起した部分が牛の角に似ている」ことに由来すると言われています。
(※ちなみに和名の「ネコザメ」は「顔つきがネコに似ている」ことに由来すると言われています)

ギネスにも登録された「ウシマンボウ」

1996年8月に鴨川沖で捕獲された「ウシマンボウ」全長272㎝、体重2300㎏

更に、展示水槽の脇には1996年に鴨川沖で捕獲され、『世界で最も重い硬骨魚』として2020年のギネスブックに掲載された「ウシマンボウ」(全長272㎝)の原寸大タペストリーを掲示!迫力満点です。

広報さんからのメッセージ

鴨川シーワールドでは、毎年その年の干支にちなんだ特別展示を行っています!2021年の干支は「丑(ウシ)」、今回は3種の展示生物と、「ウシマンボウ」のタペストリーをご覧いただけます。これらの海の生物に、なぜ「丑(ウシ)」にちなんだ名前が付けられたのか、その由来を楽しみつつ、新年の新たな気持ちとともに、干支にちなんだ「海のウシたち」の姿をじっくりと観察してみてください!

イベント詳細

公式サイト http://www.kamogawa-seaworld.jp/release/release_2020/release_20201224.html
開催日 2020年12月25日(金)~2021年1月31日(金)
※休館日を除く(休館日:2021年1月13日,14日,15日,26日,27日,28日)
開催時間 営業時間内(営業時間は日によって異なります。公式サイトの営業案内をご確認ください。)
入館料 ■1DAYチケット
大人(高校生以上) ¥3,000
小人(小学生・中学生) ¥1,800
幼児(4歳以上) ¥1,200
60歳以上 ¥2,400 ※年齢を証明するものをご提示ください。※その他のチケットは公式サイトの営業案内をご確認ください。

イベント情報

開催日
2020/12/25 ~ 2021/01/31
開催時間
営業時間内(営業時間は日によって異なります。公式サイトの営業案内をご確認ください。)
会場名
鴨川シーワールド トロピカルアイランド特設会場
会場場所
千葉県鴨川市東町1464-18
チケット
■1DAYチケット
大人(高校生以上) ¥3,000
小人(小学生・中学生) ¥1,800
幼児(4歳以上) ¥1,200
60歳以上 ¥2,400 ※年齢を証明するものをご提示ください。

※その他のチケットは公式サイトの営業案内をご確認ください。
募集期間
2021/01/31 00:00まで
お申し込みはこちら

※タイミングによって売り切れの場合がございます。
※外部サイトに遷移します