静岡県

PICA初島

PICA初島は、東京から1番近い離島である初島にあるアイランドのリゾート施設。ゆったりした時の流れを感じたり、手軽にアウトドアを楽しむことができる、離島の良さを取り入れた過ごし方が出来ます。

PICA初島


東京から1番近い離島初島で、離島ならではのゆったりした時の流れを感じたり、手軽にアウトドアを楽しむことができる。
PICA初島は、そんな離島の良さを取り入れたアイランドのリゾート施設です。

海を目前にした本格的なアスレチックでアクティブに遊んだり、

バリ風の建築で作られた潮風が心地良いレストランでアジアン料理を堪能したり、

こんな絶景を1人締めできる温浴施設ですべての疲れを癒すことができます。

初島は日帰りで訪れることも出来ますが、やっぱりオススメは1泊して島時間を過ごすこと。

PICA初島ではもはやグランピングの域を完全に越えてしまった快適でお洒落な宿泊施設があります。

満点の星を眺めながら外でやるBBQなんて本当に最高です。

もちろん食材にもこだわっていて豪華なシーフードBBQ!!

食材を買ったり炭を用意したり軍手も必要ありません。

手ぶらでも十分楽しめるほど設備が整っているので誰でも気軽にアウトドアを楽しめます。

初島は静岡県熱海市の沖にある離島で熱海港から1日7往復している高速船に乗って30分ほどで着きます。

熱海港までは東京から車で約1時間半、電車では東京駅から熱海まで新幹線で45分、そこからバスにのって10分程度で熱海港まで来ることが出来ます。

車でも電車でも首都圏から2時間以内で行くことができ、日帰りや泊まりで多くの観光客が訪れます。

今回はそんな東京から1番近いリゾートアイランド初島の自然やPICAリゾートならではの魅力をPICA初島支配人の西山さんにお話うかがってきました!

PICA初島の魅力は非日常感あふれる離島にあること

PICA初島 総支配人の西山さん

早速ですがPICA初島ならではの魅力を教えてください。

はい。PICA初島は離島ならではの非日常感、旅気分を味わえるというのが1番の魅力かなと思います。
PICAリゾートは山梨静岡中心に山のエリアに多いのですが唯一、PICA初島だけが波の音を聴きながら宿泊することができる施設なんです。

熱海港から高速船で30分の沖合に浮かぶ初島

たしかに今回初島に取材にという話をしたら「離島に行くんだ。いいな……」と友人から羨ましがられましたね。

そうなんです。たった高速船で30分という手軽さにも関わらず、船に乗って島に行くというだけで、特別な体験になるんですよね。

 

初島は船旅気分でフェリーでGO!

船に乗って旅をするって、あまり経験がなかったのでドキドキしました。

でも乗ってしまえばすごく手軽じゃなかったですか?

事前予約なども必要なく当日ふらっと熱海港に行ってその場でチケット購入して乗れちゃいましたね。バスや電車に乗るくらい簡単でびっくりしました。

ぜひ初島に来る途中の熱海の景色や、伊豆半島の絶景を楽しみながら来てください。晴れた日はデッキに出て潮風を感じながら初島に向かうのも気持ちいいですよ。

「初島に行く」そのものが旅なんですね。

詳しいアクセスや船の運行状況は富士急マリンリゾートさんのページをご覧下さい。

富士急マリンリゾート
TEL:0557-81-0541
公式HP:https://www.hatsushima.jp/access/

新オープンしたバリ風レストランでアジアンフードを堪能

まずPICA初島の施設で1番最初にオススメしたいのが2020年10月に新たにオープンしたテラスレストラン「ENAK(エナ)」です。
エナでは潮風を感じるテラスでシーフードBBQで盛り上がったり、アジアンフードでリゾート気分を味わいながら食事することができます。

お洒落な外観!

バリ風のリゾートを意識した建築で、店内には竹や木材などアジアンテイストのものを多用して本場さながらの雰囲気を演出しています!
天井の高さが9mもありPICA初島の新たな目玉となる施設です。

天井が高い!実はバリに住んでいたことがあるんですが本当に雰囲気そのものですね。
でも本当のバリのレストランより全然キレイ!!

それでしたらこのナシゴレン(インドネシアの定番料理)とかお口に合うかもしれないですね!

めちゃくちゃ懐かしいです。
そして味が日本人にも合う味付けになっていて本当に美味しいですね。

エナでは他にもガパオライスなどアジアンフードを多数用意しています。食事はもちろんこだわっていますが、置物を竹細工を使ったアジアンテイストのものにしたり雰囲気作りにも力を入れています。雰囲気や味すべてを楽しんでもらいたいと思っています。

優雅過ぎてずっとここに座っていたい気分です。

他にもインドネシアのビンタンビールやタイのシンハービールなどアジアのビールも用意しています。お食事に合うことはもちろん、さっぱりした飲み口が本当に美味しいですよ!

テラスレストラン「ENAK(エナ)」
営業時間:11:00~16:00(レストラン L.O.14:30/テイクアウトL.O.15:00)
※季節により変動有
定休日:木曜日(年末年始・GW・夏休み以外)
公式HP:https://www.pica-resort.jp/hatsushima/food/enak.html

本格アスレチックSARUTOBIで遊ぶ

せっかく初島に来たらアクティブな遊びもしてみて下さい。
その中で今回オススメしたいのが本格的なアスレチックが体験できる初島アドベンチャー「SARUTOBI」です。初級12のコースと中級7コース、そして約40mのジップラインがあり大人でも楽しむことができます。

そうなんですね……(高いところが苦手)

せっかくならやってみますか?
初級コースでしたら20〜30分ほどで回れますよ。

そうですね……(断れない性格)

高いところが苦手なので若干笑顔が引きつっていますが挑戦してきました!

ハーネスという体をワイヤーに固定する器具を付けるので落ちるということはないので安心して下さい。ただ事前に説明する注意点やハーネスの使い方はきちんと聞いて下さいね。

はい。ハーネスって結構しっかりして安定感あるんですね。

命綱ですから!
それではいってらっしゃい。

下から見るのとは全然違うんですね…!
吊り橋は結構揺れるし初級コースなハズなのに結構難易度高いですね。

はい。でもしっかり体が固定されているしハーネスのワイヤーを掴めるので恐さはそんなになかったんじゃないですか?

そうなんです!ハーネスの安心感がすごくて意外とスイスイ行けました!
ドキドキはしましたが中級コースも挑戦したくなりました。

そうなんです。意外とお子さんだけじゃなく大人の方まですごい楽しんでくれるんです。

家族連れだけでなく友人やカップルで来ても面白そうですね。

初島アドベンチャーSARUTOBI
料金:大人1900円、小人(5~13歳)1500円
※宿泊者は割引あり
営業時間:10:00~17:00(最終受付15:00)
定休日:木曜日(年末年始・GW・夏休み以外)
公式HP:https://www.pica-resort.jp/hatsushima/special/sarutobi.html

※要予約。詳細は公式HPをご確認ください。

 

アジアンガーデンR-Asiaで優雅な時間を

さきほど紹介したテラスレストランエナはアジアンガーデンの中にあり、エナで注文した食事をテイクアウトしてこの芝生の上で食べることもできるんです。

なるほど。晴れた日はここで読書しながらなんてのも贅沢ですね。

トロピカルドリンクやサイダーなどドリンクメニューも豊富なのでカフェのように使って頂いたり、ハンモックで揺られながらうたた寝をするのなんかも良いですよ。

ここにいたら、のんびりし過ぎて気付いたら夜になってそう。

アジアンガーデンR-Asia
料金:大人950円、小人(3歳〜小学生)550円
※宿泊者は無料
営業時間:10:00~16:00(季節により変動有)
定休日:木曜日(年末年始・GW・夏休み以外)
公式HP:https://www.pica-resort.jp/hatsushima/special/rasia.html

オーシャンビューの温浴施設・島の湯で癒しを

他にもぜひ訪れて欲しいのが海泉浴「島の湯」です。
初島の海岸線ギリギリに突きでた温浴施設でオーシャンビューの絶景を見ながら入浴することができます。

これは絶景……!

しかも島の湯は島の東側に面しているので朝日が上がってくる方向で、宿泊者限定にはなってしまいますが、サンライズ風呂といった日の出を見ながら入浴を楽しんでもらうこともできます。

海泉浴「島の湯」
料金:大人900円、小人(3歳〜小学生)600円
※宿泊者は無料
営業時間:10:00~21:00(季節により変動有)
定休日:木曜日(年末年始・GW・夏休み以外)
公式HP:https://www.pica-resort.jp/hatsushima/spa/shimanoyu.html

アイランドヴィラで気軽にアウトドアを

ぜひ初島に来たらアイランドヴィラに泊まってもらいたいです。
もちろん施設がいいってのもあるのですが島の雰囲気そのものが味わえるんです。

島の雰囲気が味わえる……?どういうことですか?

初島は多くの観光客が日帰りで訪れますが、船の最終便が終わったあとは初島に住んでいる人とこの宿泊施設に泊まっている人しかいなくなります。そのため島本来の静かでのどかな時間が流れ、人の喧騒のない島で波の音を聞きながら過ごすことができるんです。

めちゃくちゃ素敵ですね。

そして夜はレストランエナで用意したシーフードBBQを堪能してください。1人1匹イセエビが付きますので非常に豪華だと思います。

イセエビ!すごすぎる!!

PICA初島では大切な人と島時間を快適に優雅に過ごしてもらいたいです。1回来てもらったら忘れられない経験になると思います。

ぜひ首都圏から1番近いアイランドリゾート初島へお越しください。

PICA初島の基本情報

利用案内

住所:静岡県熱海市初島  PICA初島
電話番号:0557-67-2151
公式HP: https://www.pica-resort.jp/hatsushima/

アクセス

【電車でお越しの方】
JR東海道新幹線 熱海駅にて下車
バス乗り場7番線より「熱海港・後楽園行き」10分「熱海港下車」(時刻表:土日祝|平日)
もしくはタクシーにて10分

【車でお越しの方】
東名高速道路厚木ICから、小田原厚木道路・真鶴新道・熱海ビーチライン・国道135号経由約60分

初島航路

シーズンや平日祝日によって変動しますが
往路は熱海発7時30分から、復路は初島発17時50分まで1日7~10便の高速船がでています。

大人:往復2640円
小人:往復1320円

海況不良等で欠航する場合もございます。
事前の予約は必要ありませんが、天候などにより異なるので、運行状況は富士急マリンリゾートさんのHPをご覧下さい。

取材・執筆:しげ
編集:レクリム編集部