東京都

しながわ水族館

しながわ区立公園の敷地内にある「しながわ水族館」は、様々な生き物のパフォーマンスを見たり海の生き物について学んだりできる、なんでもある水族館です!

なんでもあって学べる水族館「しながわ水族館」を取材してきた


大森海岸駅近くにある「しながわ水族館」を取材させていただきました!
この日案内していただいたのは、海獣飼育担当の川口さん。

今日はよろしくお願いいたします!

よろしくお願いいたします!今日のために前髪を揃えてきました!

えっ?!笑 早速ですがしながわ水族館について色々教えていただけますでしょうか!

しながわ水族館の最大の特徴はなんでもあることなんです!

イルカのショーや、

アザラシやアシカのショーもやっているし、

ペンギンやサメ、

海中トンネルだってあります!もちろんお魚の展示もたくさんあります。

何かを表現してくれている川口さん

それに駐車場もある!目の前には公園もレストランもある!

確かになんでもありますね!笑

はい!さらにしながわ水族館は他の首都圏近郊の水族館より少し「エンタメ性」より「学び」にフォーカスしていることも特徴と言えるかもしれません。まずは早速館内をご案内させていただきます!

しながわ水族館入ってすぐのエリアには「東京湾に注ぐ川の中の生き物」を展示しており、この次のエリアでは「東京湾の干潟と荒磯に棲む生き物」という展示に続きます。奥に進むほど「東京湾に流れ込む川から、だんだん海に入っていく」というの物語性を表現していて、まさに水族館の入り口にふさわしい展示です!笑

なるほど!言葉悪いかもしれないですけど、地味な色の魚が多くて「エンタメ!」って感じはこのエリアにはないですけど、、すごく勉強になりますね!

水槽の背景には、普段見慣れてるような景色が並んでるんです。こうやってしゃがんで水槽の下から眺めると水中部分が見られるんですけど「普段私たちが住んでいる場所の水中にはどんな生き物がいるんだろーなー」なんて気分になってもらえるような感じで展示してるんです。

こことかすごく東京っぽいです。楽しい……。

ところで先にちょっと聞いてみたいことがあるんですが…!

はい!!

品川駅にある「マクセル アクアパーク品川」と間違われることは多いですか…??

あはは!はい…そうなんですよ!!間違っていらっしゃる方、実際かなり多いです!実はあちらの施設に知り合いがいるんですけど、向こうに間違えていく方もかなり多いみたいです…。みなさん気をつけてくださいね!

みなさん間違えないでくださいね!!

 

しながわ水族館に行くとき、知ってるとちょっと良い豆知識

あ、こちらのマイワシの群れは私のおすすめの展示です!実は私魚類じゃなくて、海獣担当なので、あんまり詳しくないんですけど……癒されますよね。

綺麗ですね……。ちなみに私たち取材なので川口さんに色々聞いて回れるんですけど、一般のお客さんでもこんな風に飼育員さんに聞く体験はできるんですか??

お、いいことを聞いてくれましたね。実はあるんですよ!しかも水槽の裏側を案内するんです!土曜日限定で実施している「裏方ウォッチング」っていうんですけど。入館いただいた方には無料でご案内してます!

無料!めちゃくちゃ人気で入れないとかないんですか??

それがですね、実は人数制限もあるので館内ではご案内しておらず、サイト上に掲載されているだけなんです。ですので本当に知っている方しかご案内していないので、人数余裕ある時多いですよ!こちらなんですけど。

参加するには、開始30分前に受付カウンターまでって書いてますね。これ受付にいるスタッフさんに「参加したいんですけど!」って言えばいいんですか??

そうです!

おお、読者さんにとってすごいいいことを聞いた気がします。

 

絶えずどこかで何かやっているパフォーマンス

実はしながわ水族館、常にどこかで何かのパフォーマンスをやっているんです。イルカ、アシカ、アザラシのショーがそれぞれの場所で行われていたり、水槽前では飼育員による生き物の解説「しな水いきものト〜ク」なんかも実施しております。特に今はコロナ禍なので、換気等の観点からも、お客様が1つの場所に滞在し続けないように、次から次へと回っていただくようにしているんです!

そういうコロナ対策もあるんですね!

しながわ水族館のパフォーマンスは「癒し系」のものも多いんですよ!アザラシがベル鳴らしたり、鼻息で楽器演奏したり(笑)

そういうのすごい好きです…。

しながわ水族館のユニークな展示

こちらはペンギン水槽です。しながわ水族館のペンギン水槽は、ペンギンをすごく近くから観察することができます!

ペンギンって見てるととても面白いんですよ。夫婦愛がとても強くて、それぞれのカップルが仲良くしてる姿が見られます。

この「人間関係」ならぬ「ペンギン関係」の図は、新しい子が生まれるたびに更新しているのですが、ずっと同じ水族館にいると、同じ血筋のペンギンばかりが増えてしまうので、時々ほかの水族館とペンギンを交換することもあるんですよ。すごい夫婦愛なのでもちろん寂しいですけど、次はどの子と仲良くなるんだろーなぁって観察しちゃいます。

なんか切ないですけど、みんな幸せになってほしいですね。。

こちらはアザラシの水槽です!

足元にもアザラシいる!!

そうなんですよ、可愛いでしょう!先ほど上でパフォーマンスしていた子もそろそろ降りてくるかもしれませんね。

あ、ほら帰ってきた。

すごい。

ちなみにこの水槽、裏側に回り込むと魚眼レンズになってる箇所があって、不思議な写真が撮れますよ!

確かになんか不思議。笑

写真スポットといえばこちらも!

どうです?映えてます?

すごく映えてる気がします。笑

他にもユニークな展示がありまして、

こちらは「デンキウナギ」が発電させた電気を実際に利用して光るクリスマスツリーです。

なにこれ。デンキウナギが発電したタイミングで、普通の電気使って光らせてるとかだったり……?

いえ、これは本当にデンキウナギが発電させた電気を取り込んでます!それ用のコンセントもあるんですよ。

本当だ!疑ってすみません!!

 

他にもたくさんの生き物が!

しながわ水族館には他にも様々な生き物がいて、

サメの水槽の下に落ちているのは「歯」。たまにガチャガチャで買えるとのこと。

サメの水槽や、

ウツボがたくさんいる海中水槽、

水槽の中を動くカメラ、

飛び出した水槽にいるクラゲ、

地球儀に見立てた水槽、

季節感たっぷりの生き物展示等、色々な生き物をじっくりと観察することができます!

 

期間ごとに変わる企画展も実施

期間ごとに様々な企画展も実施しております。(取材当時は「ここが#きゅんです!深海生物」という展示でした)

 

水槽の底を手でよちよち歩いているような魚、「キュンです!」

しながわ水族館のイベント情報は随時レクリムでも更新させていただきます!

公園やレストランも併設

実はしながわ水族館は「しながわ区民公園」の中にあるんです!

暖かくなった頃には、公園でピクニックをしつつ、水族館も楽しむなんて過ごし方が可能です。このしながわ区民公園は「はなとひろばと水と緑の公園」をテーマに最近リニューアルしており、とても綺麗な公園となっております!

また、公園敷地内にはレストランもあり、

こんな可愛らしいパフェも食べられますので、是非水族館と一緒に立ち寄ってみてくださいね!

しながわ水族館 営業時間、チケット情報、アクセス

料金
大人(高校生以上): 1,350円
中学生・小学生 : 600円
幼児(4歳以上): 300円
シルバー : 1,200円

アクセス

住所
〒140-0012  東京都品川区勝島3-2-1

駐車場有り(有料/96台駐車可能)

電車でお越しの方:
京浜急行「大森海岸駅」下車 徒歩約8分
JR京浜東北線「大森駅」下車、北口改札より徒歩約15分

電話
03-3762-3433

営業日
営業時間:10:00~17:00
定休日:火曜日(ただし、祝日や繁忙期の場合は営業実施)
休業日:1月1日
※営業日の詳細に関しましては、必ず公式サイトをご確認ください

みなさんも飼育員さんに是非色々聞いてみてください!